【グランドカバー】芝生・クローバーを種から育てる!【庭づくり】

アイキャッチ画像

庭に芝生。マイホームの夢ですね。

ただ芝生だけだとつまらないかなと思ってホワイトクローバーなるものも買ってみました。

今回は芝生とクローバーのグランドカバーDIY!記事です。

まずは失敗。

ホワイトクローバーは畑の緑肥にも使える万能性を持ち

超丈夫で

種を散布するだけ

でクローバー畑化。そして安い。

クローバーの種
ホームセンターで250円くらい。

撒くだけで生えて来るというのは確かに本当でした。

ただし一つ誤算がありました。

我が家の粘土質の庭では種が雨で流されてしまったのです…

失敗した種まき
流されて端に集まり発芽したクローバー

満遍なく種を撒きましたが、ほとんど流されてしまいました。

培養土に混ぜて撒いてみた

雨で流されないために、土を耕さなければいけないかとも考えましたが、カチカチの粘土層でめんどくさい・・・

ただ、発芽するまでは2、3日で、1週間もあれば根が張ります。

なので1週間ほどの間に降る雨を凌げればいいということで、土に種を混ぜ込み、撒いてみることにしました!

クローバーの種撒き

種を土に混ぜる

特に何も考えず適当に入れて混ぜます。

土はホームセンターに売っている安い培養土です。

培養土
25リッターで350円くらい。
種を混ぜ込む

ぱっと見で種がたくさん見つかるくらい。

種入りの土を散布する

クローバーをはやしたいところに種入り土を薄く撒き、タップリと水をジョウロでかけます。

種蒔直後の庭
レンガの通路の右側がクローバー 左に芝生

種まきから4日ほど。

1日雨が降りましたが、しっかりと耐え凌ぎました。

発芽する種
4日で発芽
発芽する種2
雨を耐え凌ぎました。

1週間ほどで雨で流される心配はなくなりました。

順調に育つ種

1ヶ月後

水をあげればあげるほど大きくモッサもさに育ちます。

成長したクローバー

放っておけばいいのでとても楽チンです。

ただバッタがめちゃくちゃ寄ってきます。

芝生の種まき

クローバー同様、培養土に種を混ぜ込みそのまま土に薄く撒きます。

芝生の種の散布

以前作った井戸周りを芝生にします。

種蒔全景

4日ほどで芽が出てきました。

思っていたより強い草です。

発芽する芝生の種

1週間で緑になってきます。

発芽する芝生の種全景

まだハゲ散らかしている感じです。

2週間後

約2週間

部分的に生えてきていないところは雨に負けて流されてしまったところ。クローバーより種が水に浮きやすいので、流されやすいです。

3週間後

3週間。

まだ隙間は大きいですが、ランナーを飛ばして埋めてくれます。

1ヶ月後

1ヶ月後

伸びたしばをハサミでカットしました。(下手くそですが・・w

芝生です!弱冠のハゲはありますが、思った以上に簡単に芝生になりました。

土に混ぜて撒いただけですw

1度目の芝刈り

まとめ

そのまま種を撒いたら雨で流されたので、土に混ぜただけですが

2種類ともとても強い草なので十分グラウンドカバーとして育ってくれました。芝なんかは難しいイメージがありましたが思った以上の仕上がりでした。

芝はよく四角いシートで売られていますが、費用的にはこちらのやり方の方がすこーーーしだけ安いイメージです。

根張させる点で言えば種からの方が簡単でしょう。

クローバーは本当にほったらかしでいいのですが、水が好きなようで屋根のある場所は夕方タップリと水をあげるとよく育ちました。

-DIY, 多肉以外, 庭づくり

© 2021 Mrs.Succulent Powered by AFFINGER5